昭和21年
(1946)
民間社会事業に対する政府の財政的援助打ち切りについてのGHQ(注)の覚書がでる
 注:1945年、連合国軍が日本占領中設置した総司令部
昭和22年
(1947)







「国民たすけあい運動」の一環として共同募金を全国に展開する実施要綱が厚生省から発表される(5月)
社会事業共同募金中央委員会が発足(8月)
大阪府会議事堂で発起人会開催、大阪共同募金委員会を組織し、初代会長に大阪商工会議所会頭の杉 道助氏が就任(9月)
大阪市内の区役所、府内各地方事務所関係者が集まり実施方法と地区委員会の組織について打合せ(9月)
第1回共同募金運動を全国で展開、11月25日から1ヶ月間にわたり募金運動を行う
○大阪では初年度目標を5,000万円と決定、各地区募金委員会を結成し運動を開始
○大阪の募金実績額は5,003万4千円で全国1位
 全国に先駆けて、合理的な考えによる配分要綱を作成し、他県の範となった
昭和23年
(1948)
「赤い羽根」をシンボルとして採用
昭和24年
(1949)
共同募金運動9原則が新聞発表される(軍指令ネフ福祉課長)
昭和26年
(1951)


社会福祉事業法が公布(6月1日施行)され、共同募金の法制化が実現
財団法人大阪共同募金委員会を設立(4月)
第1回NHK歳末たすけあい運動を実施、共同募金会がその義援金品の配分を担当(12月)
昭和27年
(1952)

財団法人大阪共同募金委員会を社会福祉法人大阪共同募金会に組織変更(5月)
中央共同募金会も社会福祉法人に組織変更した(5月)
昭和34年
(1959)

中央共同募金会で「共同募金倍加運動」を合言葉とする改善方策をまとめ、取り組む
共同募金の実施期間が3ヶ月間に延長し、歳末たすけあいを共同募金の一環として調整、一元化された(8月)
昭和37年
(1962)
日本自転車振興会並びに日本小型自動車振興会補助金を共同募金会を経由して
申請することとなる
昭和39年
(1964)
本会第2代会長に広瀬楢治氏が就任
昭和42年
(1967)

行政管理庁から厚生省に対し「共同募金に関する勧告」が行われた(9月)
努力目標に替え、地域福祉目標額を設定
昭和45年
(1970)

中央競馬社会福祉財団(現、中央競馬馬主社会福祉財団)助成金の推薦業務を開始
記念バッジデザインを近畿6府県合同で募集、統一デザインとなる
(※この年、大阪万博開催)
昭和47年
(1972)
本会第3代会長に駒井信義氏が就任
昭和49年
(1974)
名称を現在の社会福祉法人大阪府共同募金会に変更(1月)
昭和53年
(1978)
中央共同募金会から「1千億円を長期目標とする共同募金運動改善方策」がだされる
昭和56年
(1981)
本会事務所を大阪府社会福祉会館から現在の大阪社会福祉指導センターに移転
昭和62年
(1987)
中央共同募金会から「40周年を期しての共同募金強化策大綱」がだされる
昭和63年
(1988)


中央共同募金会で効果的な配分を目指して「共同募金配分の今後のありかたについて」がまとまる(9月)。
同じく広報に関し「共同募金にかかる国民の理解と参加の促進について」がまとまる(12月)
平成3年
(1991)
社会福祉事業法の一部改正により過半数配分が一部緩和される
平成4年
(1992)
共同募金運動45周年記念大会を開催
平成7年
(1995)
阪神淡路大震災おこる(1月)。NHK災害たすけあいを実施
平成8年
(1996)





「新しい”寄付の文化”の創造をめざして」と題して、「21世紀を迎える共同募金の
あり方委員会」(中央共同募金会の諮問委員会)の答申がでる(2月)
第5回全国ボランティアフェスティバルが大阪で開催、共同募金も参加(9月)
共同募金運動50周年を記念して「御堂筋パレード」(50年ありがとう)に参加(10月)
共同募金運動50周年記念大阪府社会福祉大会を開催(11月11日)
本会定款の一部変更認可。240名の評議員の定員を100名とした(11月1日)
平成9年
(1997)

「国民たすけあい共同募金運動要綱」を大幅改正した「共同募金運動要綱」がでる(5月)
年間を通しての募金と広報のため、卓上募金箱により「やさしさ365日キャンペーン」
を展開
平成11年
(1999)

本会ホームページ「赤い羽根おおさか」を開設
シンボルキャラクター”愛ちゃん”のぬいぐるみを大阪制作
※シンボルキャラクター”愛ちゃん”と”希望くん”は中央共同募金会制作の1986年生れ
平成12年
(2000)
社会福祉事業法が改正され、社会福祉法が公布(6月)
平成13年
(2001)

本会共同募金運動要綱を改正(5月30日)
中央共同募金会から「21世紀における共同募金運動の指針」がでる(9月)
平成14年
(2002)

共同募金運動55周年記念大阪府社会福祉大会を開催(2月4日)
本会ホームページをリニューアル(配分金事業の紹介等を充実)
平成15年
(2003)




「共同募金運動あり方検討委員会」を設置し、「募金の増強と実施体制の整備に
ついて」答申を得た
赤い羽根データベース「はねっと」、全国一斉に運用開始(9月)
配分先の訪問見学会の実施(参加者を一般公募)(以後毎年実施)
もっと知りたい・知らせたい広報キャンペーンを実施
              (以後継続事業として毎年年間を通して実施)
平成16年
(2004)



共同募金会計が社会福祉法人会計基準に基づく会計となる(4月)
※それに先立ち「大阪府共同募金会会計規程」を改定(平成15年5月)
新潟中越大震災など災害の多発した年。災害たすけあい募金に協力
本会第4代会長に森田朗氏就任。前会長(駒井信義氏)は名誉会長に就任(12月)
平成17年
(2005)

本会個人情報保護規程を制定し、プライバシーポリシーを公表
共同募金運動60年企画検討委員会を設置
平成18年
(2006)






本会地区募金会設置規定を改正、地区募金会モデル会則を改正(4月)
(※堺市が政令指定都市になる)
中央共同募金会諮問機関「企画・推進委員会」から「改革の方向性」と題する中間報告がでる(5月)
大阪府社会福祉協議会55周年記念/共同募金運動60年記念「大阪府社会福祉大会」を
大阪府社会福祉協議会と共催で開催(11月27日) 共同募金運動60年記念大会
共同募金運動60年記念誌の発行(11月27日発行) 60年記念配分について
平成19年
(2007)
中央共同募金会諮問機関「企画・推進委員会」から答申「地域をつくる市民を応援する 共同募金会への転換」が出る(5月16日)
平成20年
(2008)


厚生労働省社会援護局長から中央共同募金会会長あて通知「共同募金の募金経費標準の特例措置について」がでる(10月7日)
駒井名誉会長逝去(11月)
平成21年
(2009)


社会貢献型電話通信事業を開始(1月)
共同募金改革モデル事業を開始(4月)
セレッソ大阪の協力を得て寄付金付きクオカード頒布を開始(10月)
平成22年
(2010)

第5代会長に乾 繁夫氏が就任(4月1日)
赤い羽根共同募金啓発用DVDビデオを配布(5月)
平成23年
(2011)

東日本大震災おこる(3月)
大阪府社会福祉協議会60周年/共同募金運動65年記念「平成23年度大阪府社会福祉
大会」を大阪府社会福祉協議会と共催で開催
平成24年
(2012)

「共同募金改革モデル事業」を「地域福祉推進事業」に名称変更し実施(4月)
大阪市内の変動により地区募金会事務局の変更が多数報告される。
昭和22年 昭和23年
昭和26年 昭和27年
昭和34年 昭和37年
昭和39年 昭和42年
昭和45年 昭和47年
昭和51年 昭和53年
昭和62年 昭和63年
平成3年 平成4年
平成7年 平成8年
平成11年 平成12年
平成13年 平成14年
平成15年 平成16年
平成17年 平成18年
平成19年 平成20年
平成21年 平成22年
平成23年 平成24年
平成25年 平成26年
平成27年

ポスターの変遷
スローガンの変遷
 

社会福祉法人 大阪府共同募金会
〒542-0065 大阪市中央区中寺1丁目1番54号 大阪社会福祉指導センター内
 TEL.06-6762-8717 FAX.06-6762-8718 <e-mail>
(C)Copyright 1999-2016 大阪府共同募金会 All rights reserved